Wine & Cheese Recipe 「BEAUJOLAIS NOUVEAU」ボージョレ・ヌーボーとご一緒に♪ビュッフェ感覚で楽しむひとくちチーズおつまみ 毎年、11月の第3木曜日はボージョレ・ヌーボーの解禁日。その年に収穫されたばかりのぶどうから造られたフレッシュなワインを気の置けない仲間たちと楽しみませんか?ボージョレのおともにぴったりの、ひとくちチーズレシピを紹介します。

「ボージョレ・ヌーボー」は、フランスのブルゴーニュ地方ボージョレ地区で作られる、収穫したばかりのガメイ種から造られるフレッシュなワイン。その年のぶどうが良質であるかを確認するためのものでもあるそうです。軽快で渋みがほとんど無くやさしい口当たりで、はじめての方でも飲みやすいワインとされています。日本では、1970年代に陸路・空路の発達に伴い輸入量が増え、そのフレッシュな味わいがブームとなりました。今では日本のボージョレ・ヌーボー輸入量は世界トップとなっています。

アボカドメニューは女子会の鉄板! アボカドのチーズロール

所要時間 約10分

アボカド、チーズ、生ハム。この女子人気抜群の素材を3つまとめてくるっと巻いた簡単レシピ。チーズのフィルムを使うと巻きやすいのでオススメ!パーティーにぴったりのパクパクつまめるメニューです。ゴーダチーズの濃厚な味わいで、ボージョレもすすみそう♪

フルーツ×サーモンのおしゃれレシピ カマンベール入りチーズとサーモンのピンチョス

所要時間 約10分

キウイを合わせることで甘酸っぱい酸味のアクセントがクセになる一品。ピックで食べられるので、スタンディングパーティーにもオススメです。キウイとチーズとサーモンの色のコントラストがテーブルを華やかに彩り、みんなの注目を集めること間違いなし!

「あと一品!」のトーストパンレシピ

モッツァレラとトマトのブルスケッタ

モッツァレラとトマトのブルスケッタ

フランスパンにモッツァレラとトマトを乗せてトースターで3分!たくさん作っておきたい、ホットカプレーゼ風レシピ。

パルメガーリックトースト

パルメガーリックトースト

ちょっとお腹がすいたときに重宝されるガーリックトースト。チーズの香ばしさでワンランクアップ。

One Point Advice!ボージョレの美味しい飲み方

通常のワインは常温で飲むのが美味しいとされていますが、フレッシュさが特徴のボージョレ・ヌーボーは、少し冷やしたほうが美味しさがすっきりと際立ちます。普通のワインの場合、冷やしすぎるとタンニンによる渋みが強調されて飲みにくくなってしまいますが、ボージョレ・ヌーボーは渋みが出ないような造り方をしているのでその心配はないそう。ちなみに、熟成されると味が落ちてしまうため購入後はできるだけ早く、2~3ヶ月以内で飲む方が良いとされています。

And more! ボージョレ・ヌーボーにぴったりのチーズレシピ

  • 焼きモッツァレラのアンチョビソース

    焼きモッツァレラのアンチョビソース

  • しいたけのペルシアード焼き

    しいたけのペルシアード焼き

  • モッツァレラと柿の生ハム巻き

    モッツァレラと柿の生ハム巻き

  • クリームチーズの4種のディップ~秋編~

    クリームチーズの4種のディップ~秋編~

過去の特集

  • テーブルを華やかに彩るひな祭りチーズレシピ
  • 意外な組み合わせ?和食×チーズ特集
  • 親子でわいわい♪楽しく、かわいくつくろう
  • モッツァレラを使った夏を楽しむひんやりレシピをご紹介
  • わくわくお弁当レシピをご紹介
  • お酒と楽しむ家バルレシピをご紹介
  • 火を使わずにできるおつまみレシピをご紹介
  • おうちでカフェ気分おしゃれな朝食レシピ
  • チーズを使ったバレンタインレシピをご紹介
  • 前菜からデザートまでお手軽チーズレシピをご紹介
  • かぼちゃとチーズのハロウィンレシピをご紹介